• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動ラ下一][文]すが・る[ラ下二]
  1. 草木が盛りの季節を過ぎて枯れはじめる。

    1. 「梅が散って、桃が―・れて」〈風葉・恋ざめ〉

  1. 人の盛りが過ぎて衰えはじめる。

    1. 「自然 (じねん) と―・れて来る気の毒な女房の姿は」〈漱石道草

  1. 物が古びる。

    1. 「―・れたる綿繻子の帯の間より」〈露伴・いさなとり〉

  1. 香が燃えつきる。

    1. 「―・れたれども名香とおぼしき空炷 (そらだき) に」〈読・逢州執着譚・五〉