[名](スル)
  1. 道ばたに生えている草。

  1. 目的の所へ行き着く途中で、他の物事にかかわって時間を費やすこと。「お使い帰りに道草する」

夏目漱石の小説。大正4年(1915)発表。大学教授である主人公健三が、世俗的社会に束縛され、孤独に生きるさまを描いた自伝的作品。

出典:青空文庫