• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

無色透明な物体の、部分的な厚さや屈折率の大小によって透過光に生ずる光路差を、光の干渉の原理を応用して、明暗の差に変えて見えるようにした顕微鏡。→微分干渉顕微鏡

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉