• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ひと月を決めるのに、朔(新月)から次の朔までの期間を一定とする暦法。大の月と小の月とがほぼ交互に現れる。→定朔 (ていさく)