1. 朔 (さく) 1」に同じ。

  1. 陰暦で、1を過ぎたころ、西の空に見える細い月。また特に、陰暦8月3日の月。 秋》「—に蕎麦 (そば) 打つ草の庵かな/几董

  1. 東の空に輝き出てくる月。

    1. 「三五夜中—白く冴え」〈平家・七〉

[補説]書名別項。→新月

木々高太郎による短編小説。昭和21年(1946)「宝石」誌に発表昭和23年(1948)、第1回探偵作家クラブ賞(現、日本推理作家協会賞)短編部門賞を受賞

出典:gooニュース

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。