• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

広東住血線虫の寄生による人獣共通感染症。人には幼虫が寄生し、脊髄からに侵入して好酸球性髄膜脳炎を起こす。幼虫が寄生するナメクジアフリカマイマイテナガエビなどを直接あるいは野菜などとともに摂取することにより経口感染する。約2週間の潜伏期を経て、激しい頭痛・発熱・嘔吐・知覚異常・昏睡などの症状が起こる。2~4週間で自然に治癒することが多いが、感染虫数が多く重篤な場合は死亡することもある。