• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

論理学で、判断の様相の一。主語と述語の関係が必然性をもつことを示す判断。「sは必ずpである」という形式をとる。→実然判断蓋然 (がいぜん) 判断