• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「史記」秦本紀から》恨みが骨のしんまでしみとおる。深い恨みを抱く。