• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

眼球の角膜虹彩 (こうさい) との間、および虹彩と水晶体との間を満たす液。眼圧を一定に保ち、角膜や虹彩、水晶体などに栄養を与えるとともに、老廃物を外へ運び出す。眼房水。

[補説]房水は毛様体で産生され、瞳孔を経て前房に入り、隅角にある線維柱帯からシュレム管を通って眼球外の静脈系に排出される。