[名](スル)
  1. 数をかぞえること。

    1. 土用うしの日は百 (そく) 近い—するそうだ」〈真山・南小泉村〉

  1. 数をかぞえるとき、その心覚えにするためのもの。串 (くし) や木の枝など。

    1. 「有蘇 (ありそ) の海の片し貝拾ひ持て会はぬ恨みの—取らばや」〈宴曲集・三〉

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。