• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

奈良時代の漆工芸の技法の一。器物に漆を塗った上に金・銀のやすり粉を蒔 (ま) いて文様を表し、さらに漆を塗って研ぎ出す。のちの研ぎ出し蒔絵にあたるもので、遺品に正倉院の「金銀鈿荘唐大刀 (きんぎんでんそうのからたち) 」がある。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉