北海道西部の市。道庁所在地。また、石狩振興局所在地。指定都市。北海道の政治・文化・経済の中心地。ビール・乳製品などの工業が盛ん。明治2年(1869)開拓使を設置、都市建設が進められ、碁盤目状の街路を有する市街が形成された。名は、アイヌ語の豊平川(もと札幌川)の呼称「サッ‐ポロ‐ペッ(乾いた大きな川)」または「サリ‐ポロ‐ペッ(葦原の広大な川)」にちなむ、などの説がある。明治4年(1871)までは札縨と書いた。人口191.4万(2010)。

[補説]札幌市の10区
厚別区北区清田区白石区中央区手稲区豊平区西区東区南区

出典:青空文庫

出典:gooニュース