マツバラン科の常緑多年生のシダ。暖地の樹上・岩上などに着生。高さ10~30センチ。茎は三角柱で、上部で枝分かれを繰り返し、ほうき状になる。葉は鱗片 (りんぺん) 状。枝の上に球形の胞子嚢 (ほうしのう) が点在し、熟すと黄色の胞子を出す。ははきらん。