• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

蘇軾「柳緑花紅真面目」から》

  1. 自然のままであること。

  1. 春の美しい景色を形容する言葉。

  1. ものにはそれぞれ個性が備わっていることのたとえ。

    1. 「―、さまざまの世のならはしこそ定めなき」〈浄・文武五人男〉