《歌舞伎「傾情吾妻鑑」の中で、白井権八が、幡随院 (ばんずいいん) 長兵衛の家で食客になっていたところから》いそうろう。食客 (しょっかく) 。

「とんと身を落とせば食客の―さんとなること」〈洒・辰巳婦言〉

出典:青空文庫