1. 法律上、ある事柄について権利を主張し、行使できる能力。公の機関の権限についていうことが多い。

    1. 「大臣の―が大自在とも思わんから強て成ろうとも思わない」〈魯庵社会百面相

  1. ある物事をすることのできる資格。

    1. 「善ならざるものはかりそめにも幸福にあずかる―なしとするカント的厳格主義」〈長与竹沢先生と云ふ人

出典:青空文庫