• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「ここ(此処)なる」から》

[連体]
  1. 人や物を表す語の上に付いて、それがすぐ手近にあることを示す。ここにいる。ここにある。この。

    1. 「―殿様へ売ったほどに、そなたへやることはならぬ」〈虎明狂・雁盗人〉

  1. 人や物を表す語の上に付いて、それをののしっていう意を強める。

    1. 「―時致の腰抜けめ」〈伎・助六

[感]事の意外さに驚きあきれたときにいう語。これはなんとしたことだ。これはまあ。
    1. 「―、びっくりとしたが、わごりょは合点がゆかぬ」〈虎明狂・千切木