• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

宇宙あるいは世界の実在性を認めず、それを神や自我の様態または仮象と見なす思想。エレア学派スピノザバークリーなどにみられる。無世界論。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉