• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[名・形動]

  1. 計算のできないこと。「無筆―」

  1. 数えきれないほど多いこと。また、そのさま。無数。多数。

    1. 「スパルタの精兵は勿論、同盟兵の死傷―にして」〈竜渓経国美談