• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

病気・手術などの経過において、生命が維持できるかどうかについての予測。

[補説]これに対し、疾患部位の機能が維持できるかどうかの予測は、機能予後という。生命に別状はないが後遺症が残る場合には「生命予後は良好、機能予後は不良」のように表現される。