• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代の歌舞伎劇場で、毎朝、序幕の開く前に、下級の俳優が三番叟 (さんばそう) を舞って舞台を清め、大入りを祈った儀式。また、その囃子 (はやし)