• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

direct spread》無線通信のスペクトラム拡散で使われる方式の一。もとの信号に一定周期で繰り返されるランダムな信号を組み合わせ、幅広い帯域に拡散して送信する。受信側は拡散された信号を逆の手続きで復調し、もとの信号を得る。通信の秘匿性と耐雑音性が高い。この方式によるスペクトラム拡散技術はDSSSとよばれる。→周波数ホッピング

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉