• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「史記」南越伝から》幸福と不幸は、より合わせた縄のように交互にやってくるということ。吉凶は糾える縄の如し。