• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

陰暦2月16日に、検校 (けんぎょう) 勾当 (こうとう) 座頭などの盲人が、京都高倉綾小路の清聚庵 (せいじゅあん) に集まり、盲人の守り神である雨夜尊 (あまよのみこと) を祭って酒宴を催し、平曲を語った法会。当日、勾当三人が四条河原に出て、石を積み重ねて雨夜尊を供養したところからの名。 春》