1. 中がからになっていること。また、そのようなもの。うつろ。うろ。

    1. 「この唐櫃 (からびつ) をこそ心にくく思ひつれども、これも―にて物なかりけり」〈今昔・二九・一二〉

  1. 岩や樹木にできた空洞。ほら穴。

    1. 「いかめしき牝熊、牡熊、子生み連れてすむ―なりけり」〈宇津保・俊蔭〉

  1. 上着だけで、下に重ねるべき衣類を着用しないこと。

    1. 「短き衣―にほうかぶって、帯もせず」〈平家・八〉

  1. 葱 (ねぎ) をいう女房詞

[補説]発音は、古くは「ウツホ」、その後「ウツヲ」「ウツオ」と変化したという。また、「ウツボ」と濁音にも発音されたらしい。