• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[枕]粗金が土中にあるところから、また一説に、金属を打ちきたえる鎚 (つち) の縁で同音の「つち」にかかる。
  • 「―土のうへより」〈宇津保・祭の使〉