• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

超高齢になって至るとされる主観的幸福感。老化に伴う各種能力の衰えを否定的に捉えず、現状を肯定し、多幸感を抱くという心理的適応を指す。元はエリクソン学派の発達理論を拡張し、80歳を超える高齢者の発達段階として提唱された概念であるが、100歳を超える超高齢者を対象とする各種調査により、その傾向を示唆する結果が多く得られている。