頭部に衝撃を受けた後に起こる一過性の脳機能障害。医学的には、意識消失が6時間未満で、脳の器質的損傷を示す症状がない状態をいう。→セカンドインパクト症候群

[補説]健忘・混乱・ふらつき・頭痛・吐き気・視野障害などの症状がみられ、意識の消失を伴わない場合もある。多くの場合、短時間で回復するが、スポーツ時に脳震盪が疑われる場合は、競技や練習への参加を停止し、医師の診断を受ける必要がある。

[医学/病気]カテゴリの言葉