• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ハナシノブ科の多年草。九州の山地に自生し、高さ約90センチ。葉は羽状複葉で、小葉は披針形 (ひしんけい) 。夏、青紫色の花を円錐状につけ、浅い鐘形で先が五つに裂けている。

[生物/植物名]カテゴリの言葉