• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[枕]

  1. 「ね」の音の繰り返しで「ねもころ」にかかる。

    1. 「—ねもころ思ひて」〈・一三二四〉

  1. 葦の根は埿 (うき) の中にあり、節 (よ) が短く、分かれる意から「うき」「よ」「短し」「分く」にかかる。

    1. 「—憂 (う) き身のほどと知りぬれば」〈後拾遺・恋四〉

    2. 「—分けても人にあはむとぞ思ふ」〈後撰・恋二〉
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。