• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[形動ナリ]物の厚みや色合いがいかにも薄いさま。うっすらとしているさま。
  • 「―なる刀の、長やかなる」〈宇治拾遺・一〉
「中将の君、鈍色 (にびいろ) の直衣 (なほし) 、指貫 (さしぬき) ―に更衣して」〈・葵〉