《直 (ただ) の衣、平服の意》平安時代以後、天皇・摂家・大臣など、公卿の平常服。衣冠袍 (ほう) と同じ形で、烏帽子 (えぼし) 指貫 (さしぬき) とともに着用した。衣冠と違い、位階による色の規定がないので、雑袍 (ざっぽう) といわれる。