1. 衣服と冠 (かんむり) 。

  1. 衣冠をつけた人。天子・皇帝に仕えている人。

  1. 束帯よりも略式の装束。束帯から下襲 (したがさね) 石帯 (せきたい) をはずし、表袴 (うえのはかま) 指貫 (さしぬき) にかえる。平安時代は宿直装束 (とのいそうぞく) として用いたが、後世は参朝などのときにも着用した。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

出典:青空文庫