• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

衣冠束帯の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

天皇以下、公家くげの正装。昔の貴族や高級官僚の正装。▽「衣冠」「束帯」はともに貴族の装束。「束帯」は衣を束ね、整える帯の意。転じて、朝廷での公事・儀式などでの正装。「衣冠」は束帯に次ぐもので、その略装。
用例
我々の祖先は「神」という言葉に衣冠束帯の人物を髣髴ほうふつしていた。<芥川竜之介・侏儒の言葉>

衣冠束帯の解説 - 学研 四字熟語辞典

貴族の礼装で、平安朝以降の天皇・公家・貴族・高級官僚の正装。
注記
「衣冠」「束帯」ともに貴族の礼装。「束帯」が、朝廷の行事・儀式に着用する正装用の礼服であるのに対し、「衣冠」は、束帯に次ぐ略装。
用例
我我の祖先は「神」と言う言葉に衣冠束帯の人物を髣髴ほうふつしていた。〈芥川龍之介・侏儒の言葉〉

衣冠束帯の解説 - 小学館 大辞泉

《江戸時代、衣冠束帯との区別をつけないでいった語》公卿の正装。

キーワード[衣服]の四字熟語

やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。