• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

衡陽雁断の解説 - 学研 四字熟語辞典

音信が途絶えることのたとえ。
注記
「衡陽」は、衡山(湖南省にある有名な山の名)の南のこと。衡山の南にある回雁峰かいがんほうは険しい峰で、雁かりがやって来ても、これを越えて南下することはできないと言われたことから。「雁断」は、雁が回雁峰まで来ても、これを越えられず、やがて北に帰っていくこと。「衡陽こうようかりゆ」と読み下す。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。