• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

束帯のとき、袍 (ほう) の腰に締める帯。牛革を黒漆で塗り、銙 (か) とよぶ方形または円形の玉や石の飾りを並べてつける。三位以上は、四位・五位は瑪瑙 (めのう) 、六位は烏犀角 (うさいかく) を用いた。また、有文 (うもん) と無文 (むもん) とがあり、身分の高下、儀式の軽重に応じて使い分けた。ごくのおび。いしのおび。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉