《「節季 (せっき) にて候」の意》江戸時代の門付けの一。歳末に三、四人一組でウラジロの葉をつけた笠をかぶり、赤い布で顔を覆い、四つ竹などを鳴らしながら「せきぞろ、せきぞろ」とはやして家々を回り、米銭 (べいせん) を請うた。せっきぞろ。 冬》「―の来れば風雅も師走哉/芭蕉