《「えぼうし」の音変化で、烏塗 (くろぬり) の帽子の意》

  1. 元服した男子のかぶり物の一。古代の圭冠 (けいかん) の変化したもの。もと平絹紗 (しゃ) などで袋形に作り、薄く漆を引いて張りをもたせたが、平安末より紙を漆で固く塗り固めて作った。貴族は平常用として、庶民は晴れの場合に用いた。階級・年齢などの別によって形と塗りを異にするようになり、立 (たて) 烏帽子風折 (かざおり) 烏帽子侍烏帽子引立 (ひきたて) 烏帽子揉 (もみ) 烏帽子などの区別が生じた。

  1. 紋所の名。1をかたどったもの。

出典:青空文庫