• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

日本画で、金銀の色調を和らげるため、画面の絹地(絵絹)の裏に、金箔や銀箔をはること。また、その金・銀箔。裏金 (うらきん) 。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉