• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

無一文でも、百貫文の値打ちがあるということ。多く、男をほめていう語。

「男は―と申す。気落ちなされな」〈浮・色三味線・一〉