1. 人をだます手段。偽計。

  1. 民法上、制限行為能力者が取引の相手方に対し、自己が能力者であることを信じさせるためにする欺罔 (きもう) 行為。

[社会/法律]カテゴリの言葉

出典:青空文庫