• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[形][文]さか・し[シク]《「盛 (さか) し」と同語源か》
  1. 才知がすぐれ判断力があるさま。かしこい。賢明である。「―・いやり方」「競争社会を―・く生き抜く」

  1. 才知のあるように見せかけるさま。こざかしい。「―・い口をきく」

  1. 心がしっかりしている。気丈である。

    1. 「心―・しき者、念じて射むとすれども」〈竹取

  1. すぐれて見えるさま。じょうずである。気がきいている。

    1. 「異 (こと) 人々のもありけれど、―・しきもなかるべし」〈土佐

  1. 健康であるさま。

    1. 「おのが―・しからむときこそ、いかでもいかでもものし給はめと思へば、かく死なば」〈かげろふ・上〉

[派生]さかしげ[形動]