• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. そのものの良否・粗密・傾向などを決めることになる性質。実際の内容。「量より質」「質が落ちる」

  1. 生まれながらに持っている性格や才能。素質。資質。「天賦の質に恵まれる」「蒲柳 (ほりゅう) の質」

  1. 論理学で、判断が肯定判断か否定判断かということ。

  1. 物の本体。根本。本質。

    1. 「結合せるを―とし、流動するを気とす」〈暦象新書・中〉

  1. 飾りけのないこと。素朴なこと。

    1. 「古今集の歌よりは―なり」〈国歌八論・歌源〉