• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸中期の歌論書。1巻。荷田在満 (かだのありまろ) 著。寛保2年(1742)成立。和歌の本質・歴史などについて述べ、近世歌壇に新風を吹き込んだ。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉