• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

荷田在満の解説 - 小学館 大辞泉

[1706~1751]江戸中期の国学者。春満 (あずままろ) の甥 (おい) でその養子。春満の有職故実 (ゆうそくこじつ) の研究を受け継ぎ、田安宗武に仕え、歌学革新に努めた。著「国歌八論」など。