• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

荻原井泉水の解説 - 小学館 大辞泉

[1884~1976]俳人。東京の生まれ。本名、藤吉。河東碧梧桐 (かわひがしへきごとう) とともに新傾向俳句を唱え、俳誌「層雲」を創刊。自由律俳句を確立。句集「原泉」「長流」、評論「旅人芭蕉」「奥の細道評論」など。

荻原井泉水の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
東京府芝区神明町(現・東京都港区浜松町)
生年月日
1884年6月16日 ふたご座
没年月日
1976年5月20日(享年91歳)

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[文学/戦後の作家・文学者]カテゴリの言葉