《古くは「ゆけ」》

  1. 仏語。心にまかせて自由自在に振る舞うこと。遊化 (ゆけ) 。

  1. 遊び楽しむこと。ゆうぎ。

    1. 「九重の宮の内に―し給ふこと」〈栄花・本の雫〉

  1. 楽しく思うこと。喜ぶこと。

    1. 「翁 (おきな) 、今十、二十年の命は今日のびぬる心地し侍ると、いたく―するを」〈大鏡・後一条院〉

出典:青空文庫