• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

金融市場で資金を運用する際に生じるリスクを、数学・統計学・経済学・情報技術などの手法で分析・管理し、効率よく利益を上げる方法を追求したり、新しい金融商品を開発したりする学問およびその技術。1970年代から米国の金融市場で積極的に取り入れられ、新たなデリバティブの開発が次々に行われた。

[補説]2007年の米国サブプライムローン問題を発端に深刻化した世界金融危機は、金融工学を駆使した証券化商品の破綻が原因とする見方があり、金融工学のあり方が問われている。