• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

アゲハチョウ類のさなぎの俗称。繭を作らず、枝に尾の先をつけ、胸部は1本の糸で枝に懸かる。その姿が後ろ手に縛られたようなので、「播州皿屋敷」のお菊になぞらえた名という。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉