• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

生体内に存在する燐酸化合物のうち、加水分解されると多量のエネルギーを遊離するもの。ATP(アデノシン三燐酸)・クレアチン燐酸・アセチル燐酸など。→高エネルギー化合物高エネルギー燐酸結合ホスファゲン

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉